日本留学の魅力

・世界最高レベルの科学技術: 資源がなかった日本がモノづくり大国として、経済成長を遂げた背景には、優れた教育で培った知識・技術があります。電気自動車、デジタルカメラ、光ファイバー、人工心臓等、最先端の科学技術・医学を駆使した製品を世界に発信してきました。

・おもてなしの文化: 海に囲まれ、春・夏・秋・冬の季節が楽しめる自然豊かな日本。日本の象徴とも言える富士山をはじめ、姫路城、厳島神社等の世界遺産が日本には多数あります。世界無形文化遺産に登録された和食は季節の食材を取り入れ、色彩豊かな健康的な料理として、長寿大国としての日本を支えています。日本人は規律を重んじ、真面目な国民性と言われています。また、日本にはまず相手のことを考える「おもてなし」精神が根付いており、留学生を温かく迎えてくれます。

・住みやすい生活環境: 世界の中でも日本は犯罪が少なく、暮らしやすい国として有名です。落し物をしても多くは戻ってきます。交通機関も定刻に到着、発車し、安心・安全に目的地まで送り届けてくれます。保険制度も整っているため、病気になっても、少ない負担で高度な医療が受けられます。母国を離れることに不安な留学生も安心して暮らせる国です。

・世界各国の留学生: 日本政府は、2020年を目途に30万人の留学生受入れを目指す、「留学生30万人計画」を2008年に発表しました。
それに伴い、日本への留学生は毎年増加傾向にあり、2008年には12万人だった留学生が2015年には20万人を突破、2016年にはおよそ24万人にのぼっております。 日本のみならず、世界各国の多文化に触れることで、視野が大きく広がるでしょう。また、日本は憲法で宗教・思想の自由が保障され、寛容な国でもあります。

・留学後の就職: 日本では、「国籍を問わず優秀な人材を確保したい」、「外国語や外国の状況を理解している人材が必要」、「多様な背景を持つ人材を積極的に採用したい」と考える企業が増え、外国人留学生の採用は増加しています。 言語や文化の違いという壁がありながらも、このように外国人が雇用され続け、日本が深刻な少子高齢化の問題に直面しています。

日本留学手続きの流れ

STEP1 説明会

・学校: のぞみ日本語学校 と協定している語学学校専門学校大学等目的に応じて勉強する学校を決めていただきます。
・期間: 短期(~6ヶ月)、長期(1年以上) の留学期間を決めていただきます。
※ カウンセラーが応募者に適した学校をご紹介します。質問、不安に思っていることなどすべて優しく説明します。

STEP2 入学願書準備/ビザ申請

・必要書類:学校に提出する必要書類を準備します。必要書類は留学先の学校によって様々です。カウンセラーが必要な書類を詳しく説明し、カンボジア語⇄日本語の書類を翻訳します。追加書類の作成をお手伝いします。取得に時間を要する書類もありますので、日本側と早めに連絡して、調整を行います。

STEP3 入学申込金/授業料のお振込み

・ 一回目の振込み:学校から入学許可証が発行されると、入学申込金の請求書が届きます(学校によって異なります)。
すぐに当校より米ドルに換算し、応募者に請求してお支払いをして頂きます。入金確認後、日本側の学校の銀行口座に振り込み、または日本駐在STAFFから現金をお渡しします。
・二回目の振込み: 学校から在留資格認定証明書が発送されると、授業料の請求書が届きます(学校によって異なります)。
すぐに当校より米ドルに換算し、応募者に請求してお支払いをして頂きます。入金確認後、日本側の学校の銀行口座に振り込み、または日本駐在STAFFから現金をお渡しします。
※カンボジア学校の銀行口座から日本学校の銀行口座に振り込むことができます。要相談です。

STEP4 渡航準備

・ 航空券の予約:渡航準備を行います。
・ 日本語講習:当校にて出国前講習を実施し、 日本語(文法、語彙、日常生活会話、聴解、読解など) 、 日本での生活一般に関する知識 、法的保護に必要な情報 、日本の歴史、文化、最近のニュース等日本についても応募者に勉強させます。

STEP5 最終オリエンテーション

出発の1週間~2週間前に最終確認のためのオリエンテーションを行います。
渡航前の準備、現地到着後入学までのスケジュール等を詳しくご説明します。

STEP6 出国

出国日にプノンペン国際空港にて合流、見送ります。

STEP7 留学先訪問

日本駐在STAFFが定期的に留学生を訪問、留学生が安心して預託できるよう、いつでも相談に対応いたします。